京都で働くタクシードライバー!求人・転職マニュアル



京都で働くタクシードライバー!求人・転職マニュアル ホーム » 

タクシー運転手に向いていない人とは!?これを読んでダメそうならドライバーは諦めるべき!

タクシー運転手に向いている人と、そうではない人



車の運転さえできれば、タクシー運転手に【向いている】といえますが
実はそれだけではありません

タクシー運転手は運転技術の他に
接客の技術や精神面も必要とされています

運転技術+接客技術+精神面である三点がうまく噛みあって、はじめてタクシードライバーに向いているといえます


しかしながら、現役のタクシードライバーですらこの三点をかね揃えている人は少ないです

とはいえ、誰でも必ずどれか欠点をもっています
そしてその欠点を補う技術を持っているからこそ、長く続けられるのだと思います
(中には突き抜けて酷い人もいますが……)


そこで今回はタクシー運転手に向いている人ではなく
【タクシー運転手に向いていない人】について、具体的に書いてみたいと思います
(向いている人ではありませんよー(笑))

スポンサーリンク



タクシーの運転の技術


次にあげる項目で数多く当てはまる人は、タクシー運転手に向いていない可能性があります
・急発進、急ブレーキが多い
・無駄にスピードを出す
・右左折時、スピードを落とさず(減速)に曲がる
・あおる走り方をする(車間距離をつめて走る)
・事故(物損や人身)が多い


どうです?

当てはまる数が多くないですか?

もし多いようなら、あなたはタクシー運転手に向いていない可能性があります


タクシーの運転技術は一般のドライバーよりレベルの高い技術を求められます
また、お客様もお金を払っていますのでそれを期待してご乗車されます

期待にこたえられないようなら苦情になることもありますし、最悪大事故もなりかねません


そういうドライバーを沢山見てきたからこそ、言えるのです!

残念なことに現役ドライバーの中で
上記の項目全て当てはまる人もいます
しかもお客様をお乗せている時にやっているので、かなりたちが悪いです

『お客様を荷物だと思っていませんか?命を預かっているんですよ?』
と言いたくなりますよね(^_^;)

会社の看板背負って営業してるんですよ! 自家用車じゃないんですよ!
こんな酷い乗務員は早く辞めさせるべきです!

と、熱くなりましたが……

そんなわけで今からタクシー運転手になろうかなと思っている人で、上記の項目のほとんどが該当するようなら、タクシー運転手は諦めましょう!



さてさて、問題はここからです!

技術面は教習所で矯正させられますので何とかなりますが、問題はあとの2点【接客面】や【精神面】がどうなのか?


接客と聞けば、大体どんなものなのか想像がつくと思います



挨拶やドアサービスや会話などお客様と接点を持つことが接客ですね

と、簡単に書いていますが実際はかなり難しいです

私はタクシー運転手になる前、接客業をやっていましたので、それほど苦では無かったですが
もし、接客業をやっていなかったらかなり苦労したと思います

恐らくはじめの段階である
『こんにちは』や『どうぞ』など挨拶でつまずいていると思います

だって恥ずかしくないですか?
今までそんなことしたことないのに!
ってきっと思うからです(笑)

さらに、お客様から喋りかけられても
きっと話が広がらないと思うんです
『今日は寒いね』

『そうですね』

『………』
ち~ん。ってな感じ

で、心の中で呟くんです
【もう、喋りかけんといて……】
みたいな


他には無線のお客様の場合、雨の日でもドアサービス

車イスのお客様には、安心してご乗車していただけるように付き添ってあげる
そして、車イスをトランクに収納

と、当然のサービスだけど
時には機転を効かせ、てきぱきと行動しなければいけません

もちろん理不尽な場合でも、ぐっと我満しなくてはいけないときもあります


今まで経験(接客)をしたことのない人からすると、相当ストレスなると思います



で、この流れで次の項目
【メンタル面・精神面】へと繋がっていきます


タクシー運転手のメンタル面
言い方を変えると【精神面】というべきでしょうか?
一見すると、タクシーと精神面は関係なさそうに思えますが、実はもろに関係があります

実際、精神面が弱いために辞めていかれた方も沢山おられます

精神面・メンタル面が弱いとは



運転技術・接客は日々の心掛けで何とかなりますが
精神面に関しては本人の性格もありますので、何ともならない側面があるんですね

精神的にくる事例として
1、お客様に心ない悪口をいわれる

2、お客様に言われた場所が始めてだと、走行中に不安になる
(変な汗が出るとときも……)

3、売上がなかなか上がらない、不安になる
(足切りができない)

4、ワンメーターのお客様が乗って来られたとき、イライラする

5、ワンメーターで1万円札をだされる


などまだまだありますが
全て精神的にきます(^_^;)


なかでも3番目と4番目は、タクシー運転手のとって永遠のテーマであり、胃が痛むくらい

最強4番目のワンメーターに関しては、毎日のことなので連続するとかなりヤバイです

人によっては自分を抑えきれなくなり、態度に出る方もよく見かけます


つまりどうなるかというと
・接客無視

・急発進、急ブレーキで走りだす

・言ってはいけないことを言ってしまう
(近いのによー乗るな~、歩けや!など)


やってはいけないと分かっているのに
自分を抑えきれず頭に血がのぼり反射的にやってしまう

そして最悪、苦情の電話が入ります

気持ちは分かるんですが、接客業である以上
やってはならないことは、やってはならないのです!

短気をおこすようなら、プロとして失格なんです!


これらは毎日のことで避けて通れません
だから 引きずらない精神力も必要なんですね

売上に関しては慣れるしかありませんが
他のものに関しては引きずらず、スパッと切り替える技術がドライバーには求められます


大体の人は耐性(免疫)がついて慣れてきますが、性格上どうしても慣れない人もおり
そういう人は残念ながら運転手を辞めていかれます


終わりに


まあ、ここまでだらだらと書きましたが
タクシー運転手にとって必要なスキル
・運転技術

・接客

・メンタル

これら三点の技術をかね揃えていないと、タクシー運転手になったとき大変苦労すると思います

とはいえ、みんなはじめは
欠点だらけ(笑)
でも、努力や工夫をして欠点を補っているんです!

とても辛い試練かもしれませんが、みんなそうやって乗り越えてきているんですね(*^^*)


こういう記事を書いといてなんですが
本音いうとタクシー運転手に向いているか、向いていないかなんて、やってみないと分かりません


だから一度経験して判断するしかない!
というのが実際のところ


でももしこの記事を読んで
『ん~、やっぱタクシーは無理かな』
と感じるなら、その感覚は正しいかもしれません

無理せず他の職業を選ぶ方がいいかと思います!

おすすめ記事
一人で出来る仕事(職種)ってありますか?40代でもOK!自分のペースで出来るおすすめの仕事とは

社畜から脱出!家族と仕事の両立が一番大事だと深く思った今日この頃

スポンサーリンク




【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事