【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事


タクシー運転手の定年はいつ?そして何歳まで働けるの?そのあたりをズバッと解説

ひなた

タクシー運転手の定年はいつまで?何歳まで働けるの?



60才になり、いよいよ定年退職をむかえる


退職するまえ『 嘱託社員として続けてくれないか?』と会社から頼まれたが、同じ職種はもうしないと決めていた

しかし、このまま隠居生活をしようとは思わない

なぜなら、家にいてもすることがないし、何より嫁に煙たがられるのがオチだからである


だから、何か新しい仕事を見つけようと思う。小遣いにもなるし。


【そう言えば以前から気になっていた、タクシーのお仕事】

定年退職後、タクシー運転手になったという話はよく聞くが、定年がないのだろうか?
『もし働けるのなら挑戦してみたい!』


しかし、60才になる私を雇ってくれるのだろうか?


と、このようにタクシー業界で働こうと思ったとき、実際何歳まで働けるのか?と疑問をもたれると思います

・タクシーの定年はいつなのか?

・いつまで働けるのか?



これらの疑問、いまから現役のタクシー運転手【ひなた】がサクッと解説してみたいと思います!

スポンサーリンク




タクシー運転手の定年は?





タクシー運転手の定年はズバリ!

60才または65才!!

(※タクシーの定年は地域や会社によって異なる)

・A社では60才が定年

・B社では65才が定年

と、会社によってことなります


最近は、60才までというところが増えてきているように思います。
昨今の、高齢ドライバーの事故が背景にあります。


だとしたら、冒頭にかいた人はタクシー運転手になれないのか?ということになりますが、実はそうではありません


ただ【正社員になれない】だけ


つまり……
正社員にはなれないが、嘱託ならタクシー運転手になれるということです

正社員と嘱託との大きな違い


正社員(60才以下)で就職した場合タクシー免許(2種免許)の費用は会社が負担してくれます。

反対に嘱託(60才以上)の場合【自己負担】となります
(※会社規定があるので要確認!)


この辺りについては、こちらにも書いていますので参考にしてみてください↓
親父がタクシードライバーとして転職してきた!!その時の一部始終を書いてみる


ちなみに、すでにご存知だと思いますが嘱託の場合、社会保険や厚生年金などに加入できません。アルバイトとおなじです。



タクシー運転手は何歳まで働けるのか?





結論をいうと

死ぬまで!


具体的に言うと、自分が限界だと感じるまで。もしくは、国やドクターストップ。周りから止められるまで。

まさに生涯現役!

うちの会社には72才のタクシー運転手がいます。バリバリ仕事をしています(笑)
他社だと、80才まじかの人もいます。


最後に




タクシー運転手にも定年がありますが、その後、嘱託という形で仕事をすることができます。


定年で一般の会社を退社。その後タクシー運転手になられる人は沢山おられます。
なぜ多くの方は、第2の人生としてタクシーを選ぶのでしょうか?

それは
・就職しやすい
・のんびり仕事ができる
・アルバイト感覚なのに、結構いいお給料がもらえる

からです。

充実な毎日を過ごし、そしてそこそこなお金がもらえる!まさに第2の人生としてタクシーはうってつけなんですね(*^^*)


ちょっと興味がわいてきたと言う方はこちらをどうぞ↓
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!


スポンサーリンク





【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply