【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事


タクシーの乗客が暴れ防犯ボードを破壊!運転手に蹴りつけた札幌で起きた事件

ひなた

11月6日の夜
タクシー運転手に対する暴行事件が札幌で起きた

まさに、私たちタクシードライバーにとっては、屈辱的かつ恐ろしい事件

それがテレビを通じ公開されました



6日夜、札幌でタクシーの乗客が暴れ、防犯ボードなどを破壊しました。タクシー会社は8日にも警察に被害届をだす予定です。
「(大暴れ男)おい!何やってんだおい!」。大声を上げて運転席を蹴る男。6日夜、札幌でススキノから乗り込んだ男が、経路をめぐり運転手に言いがかりをつけて突然暴れ出しました。「(大暴れ男)おい!なめんなよ!てめえ!」。男は、運賃990円を払わずにドアを蹴って降りていきます。そして、その後もタクシーに向かってスマートフォンを投げつけました。「(被害にあった運転手)びっくりしてどうにもならなくて、恐ろしかった」。タクシー会社は8日にも警察に器物損壊などの被害届を出す予定です。

引用先ーHBCニュース


客は、飲んだ帰りだと思うのですが
それにしても許せない!!


この犯人は、恐らく『あの時は、酔っぱらっていたので記憶に有りません』
と言って、しらをきると私は思います

でもね、酔っぱらっていたからといって、これは
許せない行為なんですよ!!

そもそも、なぜメディアは
被害者の顔を映して、なぜ犯人の顔を映さないのでしょうか?
これって逆じゃないですか?

皆さんもそう思いませんか?

今回はたまたま防犯ガードを壊されるほどの激しい暴行でしたが
夜のタクシードライバーにとって誰もが経験する出来事なんです

もうね、はっきりいって恐いですよ

だから、今後こういった事がおきないためにも犯人の顔を晒すべきです

こんなに酷いことしておいて、この犯人を守る必要ってあるのかな?


被害に会われたタクシードライバーさんが、当時の事ついてインタビューされ
たんたんと話されていましたが、内心は恐怖と悔しさで一杯だったと思います

今後この方が、すぐに仕事が出来るのか心配です

あのような被害に会われたら、当面ハンドルを握れないというドライバーさんだっています

気の弱いドライバーなら、きっと心に傷を追うことでしょう

さらに、ドライバーや身内のみならず
事件の現状をニュースで見たという一般の人にまで与えた衝撃は大きかったはずです

それだけに、今回犯した事件は重大なのです


飲んでたから覚えてません……
そんな一言だけでは絶対に許せない!!

全国のタクシードライバーみんなが憤っています!!

犯人は、この被害に会われたタクシードライバーさんの人生を背負うくらいの気持ちで、全霊をかけて謝罪すべきだと思う



あと、防犯ボード
あれただのお飾りで、全く役に立たないことが立証されましたね!

むしろ割れて怪我をしそうだと感じた

そう思うとドライブレコーダーが自分を守る唯一の防犯システム なのかもしれませんね(^_^;)


【追記(11月14日)】
どうやら加害者は札幌に住むエリート弁護士(30代)だそうです

現在警察に捕まっているようですが、これから事情聴取となるようです

これはテレビで言っていたのですが
捕まった弁護士は恐らく
・器物損壊
・道路交通法違反(スマホをたくしーに投げつけた)

で罪に問われるのではと言っていました

もし、器物損壊で刑が確定すれば
3年以下の懲役又は30万円以下の罰金もしくは科料となるようです

加害者(弁護士)側としては示談で進めていく可能性が有るかもしれませんが
タクシー会社としては応じる気がないとし、現時点で争う姿勢を見せているようです

この反応にテレビの方々は
『当然や!』

『それだけの事をしたんやから争わなあかん!』
とタクシー会社の姿勢を評価しました

『あの画像を見て恐ろしく見られなかった』
と言うレギュラーもいたことから
世間に与えた衝撃は凄まじいものがあったことは言うまでもありません!


今後も暴行弁護士の推移を見守りたいと思います


スポンサーリンク





【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply