FC2ブログ

【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
運転手のなり方営業の基礎講習
観光のおぼえ方タクシーアイテム

人気記事


京都南山城村でタクシーによる人・物・生活支援の輸送実験を開始!

ひなた

■人も荷物もタクシーで
10日から、京都・南山城村で実験




住民の移動に加え、貨物輸送や生活支援サービスを一体として行う「マルチ交通」の実験運行を、京都府が10日から南山城村で始めた。タクシーによる買い物代行や農作物の出荷などがワンコインでできる。1カ月間の実験で需要や課題を調べる。

人口減と高齢化が進む中山間地域で、移動と輸送の利便確保と生活支援サービスの充実を図る狙い。自動車運送事業者の運送を旅客か貨物に限ってきた規制が昨年9月に緩和され、過疎地域でタクシーや貸し切りバスが貨物を運ぶことが可能になった。

村の実験は加茂タクシー(久御山町)の協力で車両1台を運行する。乗合交通としては1人500円で利用でき、重さ20キロ以内の荷物1個を500円で運ぶ。いずれも村内に限る。あらかじめ店へ注文した商品を店から家まで運ぶ買い物代行など生活支援サービスも1回500円で請け負う。


9日は、同村北大河原の道の駅「お茶の京都 みなみやましろ村」から近くの村シルバー人材センターまで食料品を届ける実演が行われた。府は「ニーズや運用上の問題を明らかにし、次年度以降の本格導入を目指したい」とする。実験は3月11日まで。運行は午前8時半~午後4時半。利用1時間前までに加茂タクシーへ予約が必要。

引用先ー京都新聞

いまのところ【マルチ交通】の需要は未知数だけど、近い将来かならず必要になと感じています

とはいえ、サービスと料金との釣り合いが今後の重要課題だとおもうので
地域・行政・会社が密に話しあい成功してほしいと願います

実験期間が1ヶ月と、データの収集がいささか短い気もしますが
個人的にはめっちゃ素敵なサービスだと思いますので、ぜひとも続けていってほしいですね


スポンサーリンク



【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply