【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事


タクシー会社に転職するならまずは賃率で選ぶな!それよりも市内で稼げる力を身につけた方が効率的

ひなた

もしあなたが、タクシー運転手になろうと思ったとき、どの会社に転職すればいいのか?



そしてどの会社だったら稼ぐことができるのか?
ここが一番気になると思います


ぶっちゃけ、タクシー会社によって稼げる会社とそうでない会社があります

いわゆる賃率に差(給料のレート)

どういうことかと言うと、仮に今月の売上が50万円だったとしましょう
・A社の賃率は55%

・B社の賃率は60%

そうなると
・A社の給料が275000円

B社の給料が300000円

となり、25000円の差が出ます

同じ仕事をやっているのに、こんなにも差がつくんですね!まさに、おいおい!!です。


『じぁ、だったら賃率の高い会社に転職すればいいんだな!』
と、なると思います。普通なら。

でも残念なことに、この賃率はおもてだって公表されていないので、転職する前の段階では絶対にわかりません!


賃率がわかるのは入社してから、もしくは面接時だけ

ちなみに既にタクシー運転手としてつとめている人だと、他社の賃率が自然と分かるようになってきます(笑)


というわけで賃率で会社を探すのは諦めましょう!!

は?稼ぎたいのに賃率は諦めろ?
意味わからんは!!!

その気持ちとてもわかるんですが、賃率よりももっと重要な要素があるでしょ?
って言う話なんですよ

つまり賃率よりも……

稼ぎたいなら市内(中心で)で営業している(できる)タクシー会社を選ぶことの方が大事!


なんです。

賃率が高くても売上をあげる力がなければ、いくら頑張っても横ばいですからね!

賃率には天井(限界)があるけど、売上は頑張ればがんばるほど増えていく!

で、売上を上げるためには市内(中心街)が不可欠

大阪市内とか神戸市内とか東京都内とか福岡市内とか名古屋市内といった、とにかく市内で営業ができる会社を選ぶ


つまり
人が多く集まる場所=稼げる
という理論


どうせ賃率がわからないんですから、目先の数字(賃率)を求めるよりも実(売上)を取りに行く方が、むしろ健全かと思います

何度も言うように
稼ぎたければ売上をあげる力をつけることが、もっとも重要!

市内(中心)の方が郊外にくらべ、売上が1.1倍~1.5倍ほどの違いがありますから

もちろん、郊外でも十分に戦えるところがありますが、それが何処なのかわからないと思うし
(今から転職する人にとっては)
はっきり言って市内と比べると目劣りします


もし、はじめてタクシーをやるなら(まとめ)


どうせ賃率がわからないのだから、売上のあがる場所で働き、効率的に給料を多くもらうこと
そして、何年かしたのち賃率の高い会社へうつる


稼げる市場(市内)×営業力×高い賃率=高い給料
という方程式が自然と組みあがるわけです!


もし私が、いまタクシー運転手になるなら市内1択ですね。市内で活躍するタクシーにも憧れますし(*^^*)


終わりに


まあ、ここまで書いといてなんなんですが
市内にあるタクシー会社が自宅から遠く、通勤時間がかかって苦痛に感じるなら、逆にやめた方がいいかもしれません(^_^;)


おすすめ記事
タクシー運転手の給料と年収をズバッと分析!


スポンサーリンク



【タクシー運転手になりたい人におすすめ】
タクシー運転手(ドライバー)になる方法!

人気記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply